日新モータースってこんなお店

当店は、昭和25年9月に祖父が自動車整備業として創業しました。その後、国産の自動車販売もするようになりました。今年(H28年現在)で67年目となります。創業当時は、多度津町には車は7台しかなかったそうです。父が2代目の社長で、僕が3代目となります。総勢5名の小さなお店です。国産車の新車・中古車の販売、車の整備・車検・点検・オイル交換など、それに、自動車保険の販売(代理店)をしています。まあ、普通の自動車屋ですね(笑)あと、社員含め皆、動物好きな店です。

今日、自動車は地方の人の足として必要不可欠なものになり、一家に一台から一人一台の時代になりました。ですが、人口減少、若年層の車離れ、過当競争などで商売としては厳しい時代になってきています。普通に商売するだけで、安泰とはいかないようになってきています。店の個性が問われる、そして、人に好かれる店にならないと今後の商売は難しいと思います。

個性ある人に好かれる店になるのに大切なことは、仕事に対する思いがあることだと思います。実は、コミュニケーションさえ取っていれば、いいと思っていました。そして、技術はあって当たり前だと思っていました。そして、自動車屋の技術なんて、どこも同じと思っていましたがそうではない!人がすることだから同じ仕事でもやはり違うもので、相手を思って仕事をすることが大切なことに気が付きました。また、車の技術は、整備の技術だけではなく、提案したり、説明したり、情報を伝えたりなど色々あること、そして、それは全て人の個性によってできるものであるので、同じ仕事はないってことにも気付きました。ですから、車というモノは同じでも乗られている方は皆違うので、車に乗られる方のことを思い、車の販売、車の車検、車の点検などじゃなくて、あなたの車の販売、あなたの車の車検、あなたの車の点検などを心掛けていくことが大切なことだと思います。

ですが、そのようなことができるには、お客様とコミュニケーションが取れてないとできないことですので

「コミュニケーションを重視し、人間関係創りに注力することで人を大切にし、そして、車の技術で人を笑顔にする」

このような思いを持って仕事をしています。残念ながら全ての人に対してできているとは言えませんが、そのような思いを大切に、笑顔を創れる店を目指しています。そして、そのようなことができるようになることで、あの人からあの店から買いたいと思ってもらえる、個性溢れる人に好かれるお店になると考えています。本当まだまだですが、そのようなお店になれるように頑張っているところです。当店は、そんな思いを持って頑張っているお店です(笑)

                                                   専務取締役(HP管理者)竹内 淳一

>>>>管理人の紹介はこちらから